Skip to content
Quick view
Quick view
¥1,702
Tax included. Shipping calculated at checkout.
View full details Link chevron
ABOUT
DETAILS

「香りを飲む」がコンセプトの新感覚ノンアルドリンク

口に含んだ瞬間に広がるカルダモンからメインのジンジャーとレモン、そして全体に奥行きを華やかさを生むバニラ。

香りを楽しむお酒と言われるジンに着想を得て誕生したボタニカルシロップ「草譯(くさわけ)」。

「ボタニカルシロップ」という商品名ですが甘いジュースという雰囲気ではなく、素材の味を生かした繊細な味は、大人がゆっくりとした時を過ごす際のお供にぴったりなノンアルコールドリンクです。

添加物不使用の自然素材のみで作られる香り豊かなドリンクは、クラフトジンジャーエールともクラフトコーラとも異なる新感覚ジャンル。


飲み方はお酒と同じようにロックやソーダ割り、ジンジャーエール割り、またジンやウォッカ、焼酎などのお酒で割っても楽しめます。

また、寒い日や就寝前にはホットで身体を温めるのもおすすめ。


ご自身やご家族でお楽しみいただくのはもちろん、香りを楽しみながら、飲みやすく多くの方に楽しんでいただける味わいなので、手土産やギフトにも大変喜んでいただけるかと思います。

ニッカやシナモンの甘さと辛味を味わえる陽(ひなた)と合わせて、フレグランス好きの方には特にぜひ一度試してみてほしいドリンクです。

草譯の楽しみ方

冷たく飲む

草譯 1 : 炭酸水やお水 1

全ての素材をよく冷やしてお飲みください。
気軽でシンプルにドリンクの香りやお味を、ご堪能いただけるレシピです。

ホットジンジャー

・草譯 50ml
・ジンジャーエール 180ml
・レモンスライス 1枚

小鍋に草譯とジンジャーエールを入れ弱火にかける。沸騰させずに少し湯気が立ち上りはじめたら火を止め、お気に入りの器に注ぎ、レモンスライスを浮かべる。

アレンジレシピ

・草譯 40ml
・ザクロジュース 80ml
・炭酸水 40ml

グラスに草譯、ザクロジュースを入れよく混ぜる。静かに炭酸水を注ぐ。

ノンアルコールカクテル

・草譯 80ml
・水 80ml
・山椒 一つまみ
・塩 一つまみ (気持ち少な目で)

グラスに氷、草譯、水、塩をいれよく混ぜる。
氷の上に山椒を乗せるように振りかけ、完成。

冷たく飲む

草譯 1 : 炭酸水やお水 1

全ての素材をよく冷やしてお飲みください。
気軽でシンプルにドリンクの香りやお味を、ご堪能いただけるレシピです。

ホットジンジャー

・草譯 50ml
・ジンジャーエール 180ml
・レモンスライス 1枚

小鍋に草譯とジンジャーエールを入れ弱火にかける。沸騰させずに少し湯気が立ち上りはじめたら火を止め、お気に入りの器に注ぎ、レモンスライスを浮かべる。

アレンジレシピ

・草譯 40ml
・ザクロジュース 80ml
・炭酸水 40ml

グラスに草譯、ザクロジュースを入れよく混ぜる。静かに炭酸水を注ぐ。

ノンアルコールカクテル

・草譯 80ml
・水 80ml
・山椒 一つまみ
・塩 一つまみ (気持ち少な目で)

グラスに氷、草譯、水、塩をいれよく混ぜる。
氷の上に山椒を乗せるように振りかけ、完成。

奇を衒(てら)わず真っ当に
草根木皮(そうこんもくひ)それぞれの
譯(わけ)をくみとりととのえる

- 草譯

ボタニカルシロップ

「香りを飲む」がコンセプトの、新感覚のンアルコールドリンク
香りの源は草根木皮 Plus

特徴的な香り
裏方になる香り
素材同士をつなぎ合わせる香り

それぞれに特徴があり、相性があります。

 

相性が悪いと、互いの香りを打ち消しあい、好ましくない香りがあらわれてきます。

それは人間も同じ。

 

できるだけ気の合う人と同じ時間を過ごしたい。
自分を必要としてくれる環境がいい。

この考えを素材の組合せにもいかします。

 

それぞれの持ち味、役割を考える。
目的の香りを出すための環境を整える。

必要な物だけを使う。

 

そうして組み合わさった素材たちからうまれる香りはとても美しい。

ボタニカルシロップ草譯
香りに重点を置く理由 Plus

香りに重点をおいているのにも理由があります。
「お酒」と「ジュース」の違いです。

それはアルコールの有無だけではありません。

 

お酒は香りを楽しむ飲み物で、ジュースは味を楽しむ飲物だということ。
もちろんジュースにも香りはありますが、リンゴジュースやブドウジュースを飲んだ際は

「酸味が程よくあっていいね」、「さらっとした甘味で飲みやすいね」

といった味に関する感想が大半を占めると思います。

 

一方、ワインやウイスキーを飲んだ際は、

「ベリーのような香りがする」、「樽の香りがしっかりあるね」

といった香りに関する感想が多いのではないでしょうか。

 

ここにお酒とジュースの明確な違いがあります。

 

香り豊かな飲物をつくれば、そこにアルコールがなくても人々を魅了する物になるはず。

そう考え、草譯は香りを組み立てています。

既存のカテゴリーに縛られない Plus

そして肝心なことはもう一つ。
既存のカテゴリーの中で作ろうとしないこと。

クラフトコーラやジンジャーエールのように伝えやすいカテゴリーに嵌めない。

誰かに伝えやすいカテゴリーや誰もが好みそうなトレンド、誰にでも分かりやすいデザインといった領域の圏外にいて、既存の枠には一切縛られず、自由に創造したい。

そう考えています。

 

流行りや分かりやすさに頼らなくても、美味しいものを作れば理解してくれる方は必ずいる。

一見するだけではどういったものか全くわからない商品でも、購入し何かを感じ取ってくださるお客様のお陰で草譯は成り立っています。

香りを堪能する新感覚ドリンク

草譯

ご自宅で楽しむのはもちろん、ギフトにも大変おすすめです。季節によって限定フレーバーのご用意も。

Slideshow about our brand